1. 個人ではできない発信力=すでに獲得済みの顧客への訴求と広告

  2. ユーザーにとって簡単な決済システム(支援者の方?)

  3. 多くの人に訴求する文章づくり=コンサル的要素

  4. (起業の場合)事業開始以前から顧客を獲得できる

  5. 完全成功報酬制

​メリット

  1. ​手数料に見合った広告効果はあるのか?

  2. ​資金がすぐ集まるとは限らない(すぐ資金が手に入るとは限らない)

  3. アイデアが他人や他社に盗用される可能性がある

  4. プロジェクトが途中で頓挫した時のリスク(その場合約束不履行として、支援者からだけではなく社会的な信用を落とすことになってしまう可能性がある)

デメリット

目的を持った事業法人や個人に対して出資を行うクラウドファンディングは、新しい事業資金の調達方法としてだけでなく、投資としても注目されている。そんなクラウドファンディングを行うサイトはたくさんあるが、どのサイトがおすすめなのだろうか。出資者と調達者、両方の目線でみたサイトの選び方や手数料について解説していこう。

 

数年前まではほとんど知られていなかったが、最近ではよくいろんなメディアでも取り上げられるようになったクラウドファンディング(以下クラファン)。今では数多くのクラファンサイトが存在します。

しかし、そんな数多くあるサイトの中からどれを選べばいいのでしょうか?

まず、クラウドファンディングとは、

インターネットのサイトを通じて資金調達を行う仕組みだ。クラウド(crowd)は群衆、ファンディング(funding)は資金調達を意味する。ある目的のために資金調達をしたいと考える調達者は、サイトを通じて目的や目標額、出資者へのリターンを提示する。2000年代後半からアメリカで盛んになり、日本では2011年の東日本大震災を契機に広まった。

出資者はクラウドファンディングサイトに提供されたプロジェクトの情報から、自分が共感するものを選び、資金を提供する。出資後はプロジェクトの報告を受けたり、見返りとしてサービスや商品、現金配当を得たりすることもできる。

クラウドファンディングには以下の種類があります。

今回は購入型クラウドファンディングについて
 

購入型クラウドファンディングでは、まずサイト上にこれから実現したいプロジェクトを提案する。そしてそのプロジェクトに対して資金提供をした場合、実現できる物やサービスをリターンとして提示する。リターンには、映画であれば先行上映会への招待、新商品であれば商品を割引価格で先行購入できる権利などがある。

出資者はプロジェクトの目的やリターンに共感し、応援したいと思えば資金を提供する。プロジェクトが成功した後、物やサービスのリターンを受ければ完了だ。

どんなタイプのサイトがあるの?

 

・CAMPFIRE
 サイト手数料12%+決済手数料5%=17%

・MotionGallery
 手数料10%

・Makuake
 手数料は20%(決済手数料5%を含む)

・Kanatta
 手数料は20%+別途決済手数料3%

・Kibidango
 手数料は10%と業界最安値(楽天ペイ利⽤時は14%)

・Readyfor

・未来ショッピング
 手数料(成功報酬)は20%。

・GREEN FUNDING
「担当キュレータープラン」:フルサポート、決済手数料込みで運営手数料20%
「運用サポートプラン」:決済手数料込みで運営手数料13%(別途初期費用100万円が必要)

・Crafun.jp
 手数料:サイト手数料5%+カード手数料5%=10%

解決策を提示

結論
理由を説明!
具体例で解説
変論への理解?
結論

© 2020 by Crafun Corporation​